PR

精液を奉納する儀式で仲の悪い幼馴染に手コキされる

性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます
性感儀式 今夜、俺の精液を捧げます

青年の結槻は、村で十年に一度行われる儀式の「奉納者」として選ばれました。幼馴染であり不仲だった航朔が現れました。実は航朔は、儀式を執り行う一族の人間であり、結槻と一晩を共に過ごす「立会人」という役割を担っていることが判明しました。そして、結槻にはこの儀式で「清き精液」を捧げる役割があることが明かされました。しかし、結槻はその際に自らの手で局部に触れてはいけないという規則を聞かされました。初めは戸惑いましたが、彼は理解してしまいました。今夜、自分の局部に触れ、精液を絞り出すのは、なんと「立会人」である航朔なのだということが…。緊縛 強制手コキ 射精 中出し等

error: このページは保護されています。